MENU

名古屋にある包茎手術の病院の選び方

近年多くの男性の包茎に関する意識が高まってきているということもあり、包茎手術を行なっている病院は少しずつ増えてきているようでう。特にそのような病院が特にそのような特徴は都市部で多く見られて、名古屋などでも多くの包茎手術を行なっている病院を見つけることができます。このようなサービスを扱っている業者を利用する際にはどこのサービスを利用したらいいのか比較を行なうことが重要になってきますが、どのように比較を行なったらいいのかわからないという人も多いと思います。

 

そのような人におすすめの選び方が、インターネット上にあるそのようなサービスの資料を請求することができるサービスを利用するという方法です。このような方法を利用することによって複数の包茎手術を行なっている業者の情報を一度に得ることができるようになっているため、簡単にサービスの比較を行なうことができるようになっています。資料は一括で請求することができるため、手間がかからないというのも嬉しいポイントです。

包茎手術の痛さは術後にある場合もあります

男性の悩みの1つである包茎というものがあります。大人になっても包茎のままでいることを悩んでいる方は、包茎手術を考えることがあります。しかし、この手術は性器を手術するだけに痛いのではないのかなどの心配があり断念する方が多くいます。このように手術を考えている方に包茎手術について説明をします。一番気になる点となれば痛さであります。手術自体は麻酔を使用する為痛さはまったくありません。また仕上がりも綺麗に出来あがります。

 

しかし、麻酔が切れた後は、痛さで苦しむ方もいます。これは、個人差もあります。決して手術が失敗したというわけでありません。この痛さは痛み止めの薬を飲むと緩和します。数日間は痛さが続く場合もあります。反対に術後に痛さを感じない方もいます。術後の性器はかなり敏感になっております。これが落ち着くまでは数ヶ月かかります。少しでも早く自然体になるには、術後のメンテ(いわゆるデリケートな部分だけに清潔)は欠かせないものであります。

包茎について〜さまざまなタイプがある

包茎とひとくちにいっても、種類があることをご存知でしょうか。包茎は「仮性包茎」「カントン包茎」「真性包茎」の3つに分けることができます。
仮性包茎とは日本人に最も多いとされるもので、通常時は包皮が亀頭を隠しているけれども、手で簡単に亀頭を露出させることができる状態のことをいいます。皮で覆われている時間が長いため雑菌などが繁殖しやすく不衛生になりがちですが、健康を損なうおそれが比較的低いことから治療の際にも医療保険は適用となりません。カントン包茎とは、包皮口が狭いために勃起時に亀頭が締め付けられてしまう状態のことです。

 

炎症が起こり激しい痛みに襲われたり、最悪の場合は血行障害により壊死することもある深刻なものです。日常生活に大きな支障をきたしますので早急な治療が望まれます。真性包茎は勃起時でも亀頭が露出できない状態のことです。常にきれいにすることができないため亀頭炎や感染症のリスクが非常に高く、不妊の原因になることもあるたいへんな症状です。こちらもカントン包茎同様、早期に適切な処置が必要となります。
包茎については、日本人男性の7割が悩んでいる問題ともいわれています。不安をひとりで抱え込まず、専門の機関などで相談してください。

更新履歴